0.jpg

男性型脱毛症(AGA)   女性型脱毛(FAGA)

男性型脱毛症(AGA)  

 女性型脱毛(FAGA)

原因は?

AGAの主な原因は、遺伝や男性ホルモンの影響と考えられています。男性ホルモンの1つ、テストステロンは、頭皮にある5α還元酵素という酵素と結びついてジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されます。このDHTが髪の毛の発毛を阻害してしまうため、毛乳頭や毛母細胞にヘアサイクルを乱すような指示を出し、髪の毛が短く細くなっていきます。

女性型脱毛(FAGA)の主な原因は、加齢やストレスなどのホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。男性ホルモンが起因することもあるため、男性のうす毛であるAGAの女性版で、FAGA(女性型脱毛症)とも呼ばれます。女性特有の頭髪が全体的に薄くなる脱毛症で、初期では抜け毛が増え、分け目が広がり、やがて頭部全体の毛が抜けて薄くなります。

​治療は?

〈AGA内服治療*〉
男性ホルモン(テストステロン)がジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるときに働く酵素(5α還元酵素)の働きを阻害します。
5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類があり、Ⅱ型のみを阻害するのがプロペシア(先発品)とフィナステリド(後発品)、Ⅰ型とⅡ型の両方を阻害し強力な効果を発揮するのがザガーロ(先発品)とデュタステリド(後発品)です。

〈FAGA内服治療*〉
​パントガール

発毛必須栄養分とされる「パントテン酸」や「ケラチン」その他ビタミンB群などが含有されており、毛髪構造の損傷を修復することで、太く、強い毛髪を作ります。爪がもろく割れやすい方にもおすすめです。12歳以上適応です。

img_aga08.jpg
パントガール シャンプー.jpg